カレンダー
    10 ◇ 2017/11 ◇ 12

    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

最近の記事
最近のコメント
過去ログ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

男たちの大和

2006年09月05日[23:01:57]
流石にネタが尽きそう(ぇー
単純に今日はPCの前にいる時間が無かったとも言いますが(^^;
って事で久々に映画見ました~(≧∇≦)ノ
映画のカテゴリを作ろうかなとも思うんだけど、
あんまり見ないから作ってもなぁ~っと(^^;
…ECOSSが1なのはこの際放置プレイd(ぇー



060905.jpg
男たちの大和
って映画みたですよ(≧∇≦)ノ


内容はあの戦艦大和を史実的に描いた作品かな?
ちょっと、ドキュメンタリー映画ぽい感じでした。
初めは面白くないかな~って思っていたんですが、
段々と引き込まれていって結局最後付近まで見ましたw
途中で寝ちゃったので付近でs(マテー

戦艦大和がすっごい大きくてなんかリアルで格好よかったです♪
後半とか血飛沫がどばどば~って感じでちょっとグロテスクでしたけど、
実際こうだったんだろうな~って思うともう・゚・(つД`)・゚・
「生き残ってすみません」って台詞はやり場のない気持ちでいっぱいでした。

大和って何もしないで沈んだってイメージが強かったんですが、
実際は敗戦色が濃い中沖縄に向けて無茶な特攻を一隻で
しないといけなくて、たくさんの戦闘機に囲まれて沈んだんですね。
いかに大火力だとしても、空中を飛び回る戦闘機に
そうそう弾が当たるわけもないし、大きいから小回りもきかないし、
魚雷の格好の餌食になったんだな~っと。
いかに世界最大級の戦艦って言われても多勢に無勢はきつかったんだなっと。
ちょっと、大和のイメージが変わってみてよかったな~っと思いました(^^)

う~む、戦争ものの映画は色々と考えさせられますね。
後、キャストに反町隆史さんとか中村獅童さんとかいて
結構見た目にも格好よかったです~(〃▽〃)
わりとお勧め作品かもしれないです、時間あるときにでも(≧∇≦)ノ


僕自身、この時代の考え方とか思想とか納得できない部分が多いので、
もしも僕がこの時代に生きていたら納得できない命令とか
上官を殴ってでもやらなかったんだろうな~っと思っていたんですが、
本当にこの時代に生まれて生きていたら家族を守るためとか
大切な人を守るために戦争に参加したのかなっと思いました。
自分の犠牲で少しでも戦争が有利になるのなら、
命を懸けてって考えたんだろうな~っと。

知覧の特攻隊の資料館に何度か行ったことあるんですが、
やっぱり切ない思い出いっぱいになります(>_<。。。

現代だから考えられること、
あの時代だから考えられることってあるんだなっと。
ともあれ、久々に真剣に映画を見ちゃったですよ。
スポンサーサイト

日々平穏 コメント:2 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
☆『』
ゆー | URL | 2006/12/17(日) 08:43:51 [ 編集] | #-
すごく、感動しました!
現代にこんな恐ろしい戦争があったら、と考えてしまいます。

☆『コメントありがとです(≧∇≦)ノ』
鶴来海 | URL | 2006/12/17(日) 17:01:15 [ 編集] | #u2lyCPR2
うぃ、すっごい感動する映画でした~♪
最後とか結構涙腺潤んじゃってましたw
現代に…、この映画も実際にあったことだし、
もしもって考えると本当に怖いですよね~。
自分がこの立場になるかもしれないって事ですからね(>_<。。。

○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイト男たちの大和のトラックバックURLはこちら
  • http://umitsurugi.blog31.fc2.com/tb.php/283-3ad60832
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。