カレンダー
    10 ◇ 2017/11 ◇ 12

    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

最近の記事
最近のコメント
過去ログ
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

鋼15巻

2006年11月23日[06:08:52]
061123a.jpg
鋼の錬金術師15巻/荒川弘


今回は限定版は無かったぽいっ!
っていうか、気づいたのが一昨日ぐらいだった!w
鋼はなんでかしらないけど、
田舎でも発売日にコンビニで入荷するので便利です~♪
皆と一緒のタイミングで読めますw

今回は巻末のおまけ四コマがなんか神掛かってました(笑)
「あえて言おう 尻である・と!!!」
ちょwキング・ブラッドレイww
そんな感じで面白かったですよ~♪


後、荒川先生って「獣神演武」って言うのも描かれているんですね~。
鋼しか知らなかったので、読んでみようと思いましたw
ていうか、ガンガン系はもうさっぱりなんでチェック漏れがorz


そして、次の16巻は来年の3月ごろだそうです~。
予告見ているとなんかまた面白い展開になりそうで楽しみ♪


↓以下ネタバレ注意~。


今回はほぼイシュバール戦のお話でした~。
荒川先生のコメントで、戦争の体験談を話を聞いたって
ことが書かれていたんだけど、
「戦争の映画とかね、そんなの観ないですよ」
って言葉は確かに一番心に残るな~っと。
やっぱり、実際体験した人の言葉は重みが違うですね(>_<。。。


ロイの錬金術の師匠がホークアイって名前で、
どこかで聞いたと思えば『リザ・ホークアイ』ですね。
あの二人はそういう繋がりもあったんだな~っと。
確かに普通の男女の仲以上の何かを感じだせますしね~。
まあ、本編読み終わったらそれだけじゃないって事も
分かるんですけどね。


とりあえず、そういえばなんだかんだで、
エドにウィンリィのことを好きかって
直球で聞いた人はいなかったな~っと新鮮な発見がw


そして、リザが語るイシュバール殲滅戦のお話。
ロックベル夫妻の事も描かれていてもう・゚・(つД`)・゚・
殺されたって話しか出てなかったですからね~。


国家錬金術師を投入したイシュバール殲滅戦の開始。
確かにもう内乱じゃないですよね。
力の差は歴然で本当に殲滅戦と言うなの殺戮でしたヽ(;´Д`)ノ
アームストロング少佐の苦悩がもうorz
人一倍優しい人ですからね~・゚・(つД`)・゚・


そして、再会したヒューズとリザ。
戦争に乗じて行われる人体実験。
ノックスの「なんで俺は医者なのに人殺ししてんだ?」
って言葉が異常性を表していて重かったです。

スカーの兄が漏らした、
「この国の錬金術は何かがおかしい」
という言葉はどういう意味なんでしょうね?
すげー気になるんですが次回以降に持ち越しヽ(;´Д`)ノ
初めから誰かの手のひらの上で踊っていたって事なのかなぁ。


キンブリーの仕事だから割り切るって言葉は、
結構正しいのかもしれないんですよね。
ロイの言葉は青臭いというか逃げているとも取れますからね~。
でも、ヒューズの「死にたくねぇ」って言葉は一番しっくり来ました。

そういえば、アニメとかで結構悪いイメージしかなかったんだけど、
鉄血のグランは結構良い人っていうか、分かっている人ではあったんですね~。
ちょっと意外っていうかビックリw
まぁ、あの上司が無能すぎるってのもあるけd(ぉ


ブラッドレイの
「一人の命はその者一人分の価値しかない」
っていう言葉は超リアリスト的な言葉だなぁ~っと(^^;
確かに命は平等ですからね。
誰かの命が人間100人分と一緒って事はないです。
でも、その人が何を出来るかって事で価値が決まるのも事実ではあるんですよね。
これまたなかなか難しい問題ですよね(>_<。。。
って事でブラッドレイらしい言葉ではあるなぁっとw


それにしても賢者の石って全ての国家錬金術師に持たされたって
思っていたけど実際はキンブリーだけだったみたいですね~。
そりゃ、そうそう作れるものでもないですしね(^^;

後、スカーの右腕は兄の右腕というよりは、
人体錬成で兄自身だったのかな~っと。
そして、最後まで頑張っていたロックベル夫妻に悲劇が(>_<。。。
錯乱したスカーがヽ(;´Д`)ノ
殺したのはスカーって言うのは本当だったんですねぇ。
う~ん、ウィンリィはエド達はこれからどうするんだろ?


イシュバールの英雄“焔の錬金術師”ロイ・マスタング!
格好いい響きではあるけど、
コレだけしか出来なかったとも取れるんですね~。
ロイとヒューズが上を目指す事を決意する場面は
すっごい格好よかったです(〃▽〃)
コレでこそ大佐ですよ!w


リザとロイの関係って、
色々とすっごい複雑だったんですね~。
リザの背中って大きな火傷の傷跡があるって事なのかな?
確かに単純に男女の仲を超えた絆みたいなものがあるぽいですね。
運命共同体って言葉が一番しっくりくるかもっ。


そんな感じでいつにもましてすっごい重い内容だったけど、
知りたかった内容でもあったのでとっても面白かったです~♪
16巻が今から待遠しいっす~(≧∇≦)ノ
スポンサーサイト

本関連 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイト鋼15巻のトラックバックURLはこちら
  • http://umitsurugi.blog31.fc2.com/tb.php/391-99e5e387
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。